総量規制の対象外とは?まだカードローンできる金融はどこ?

 
総量規制とは貸金業法で定めている融資規制のことです。

もっとも、この総量規制という言葉は、他の場面でも使われることが多く、一時期バブルの危険性を感じた金融庁が、銀行等に対して土地がらみの貸付を控えるようにと通達を出したことがあります。この時も「総量規制」という言葉を使っていました。

 

しかし、現在では総量規制というと貸金業法の融資制限のことをいう事がほとんどであり、他の意味合いで使われることはほぼありません。

 

この融資制限は年収に応じて、融資の上限を定める規制であり、一つの金融機関だけではなく、その人が借りているすべてのローン残高を合計して判断します。

 

具体的な基準としては年収の3分の1という制限を設けています。つまり、年収100万円程度のパートの方であれば、33万円が融資上限だという事になるわけです。

 

ただ、すべてのローンが該当するわけではなく、対象になるのは無担保ローンだけです。つまり、ディーラーで借りる自動車ローンのように車検証に所有権留保を付けるローンは担保があるため、総量規制の対象外なのです。

 

しかし、自分の金融機関の貸付金額は把握できるとしても、他の金融機関の貸付などどうやって調べるのかと疑問に思う人も多いでしょう。

 

このため、金融機関では信用情報機関というデータベースを持ち、利用者のローン残高を確認できる手段を持っています。カードローンを申し込む際には信用情報機関への登録を承諾させられますが、このような理由によるものです。

 

もっとも、総量規制は貸金業法の融資規制なので、銀行等のように貸金業法の対象外となっている金融機関は関係ありません。そのため、銀行等のカードローンは総量規制対象外と広告をしていることがあります。

 

すでに他社からの借り入れがあるかどうかは借入可能額に影響しますが、銀行カードローンは影響しないので問題ありません。