キャッシング審査における在籍確認の電話をうまく切り抜けるコツは?

 
消費者金融の申込を躊躇する原因として、職場に在籍確認の電話がある点が挙げられます。
在籍確認の電話が消費者金融からあったと分かるだけで、お金に困っている不正予備軍ではないかと上司から呼び出されるというようなトラブルの原因にもなります。

このようなトラブルの原因にもなる職場への在籍確認ですが、職場で確実に働いていることが確認できないと、無担保融資のカードローンを契約することはできません。無担保融資の消費者金融にとっては欠かせない審査手続の一つです。

 

カードローンの返済原資は職場からもらえる給与しかないのでやむを得ないでしょう。

 

しかし、大手消費者金融のプロミスやモビットのように健康保険証や社員証などの確認で在籍確認を済ませるケースも増えています。できればこのような消費者金融を利用したいものです。

 

とはいえ、プロミスやモビットも審査上での判断で在籍確認の電話を行う場合もあります。

 

とはいえ、プロミスやモビットは会社名ではなく、担当名で電話をしてきますから消費者金融からの電話だと分かりにくくなっています。

 

営業担当の方であれば取引先だと言えばいいのですが、在籍確認の電話は生年月日や氏名の確認だけなので、仕事の電話としては不自然です。

 

消費者金融の人にカードローンの質問をするなどして電話の時間をちょっと長引かせると不自然さがなくなるかもしれません。

 

しかし、電話を受ける機会がない人に電話があれば不自然でしょう。

 

この場合、「自宅から電話がありました」とか「携帯を修理に出しているからここに電話してもらうとしかなかったのです」という言い訳をするのも一つの方法ではないでしょうか。

 

私用電話はやめてくれと言われるでしょうが素直に謝れば、それ以上追及されることはないのではないでしょうか。