派遣でも電話による在籍確認なしのキャッシングやカードローンはある?

 
派遣の仕事している人がキャッシングやカードローンを申し込もうとすると、審査の問題もありますが、在籍確認の電話確認にどう対処しようかという問題があります。
派遣の仕事をしていると、自分の勤務先は派遣会社であるにもかかわらず、毎日出勤しているのは派遣先の会社になるからです。

・ 派遣会社に電話をしてもらい、そこの事務員さんなどが「確かに在籍しているが、派遣先に行っている」と言ってくれればいいのですが、そうでないと審査に落とされる場合もあります。一言派遣会社の事務員に連絡をする必要があるかもしれません。

 

・ よくわからず、派遣先を勤務先とすると大変なことになります。最悪なのは外部からの電話が人事部にまわってしまうことです。派遣会社に連絡がいくのは派遣会社や他の派遣の方の迷惑にもなってしまいます。

 

・ また、審査を通すために、わざと派遣先の企業を勤務先とする方もたまにいますが、悪質な場合はその履歴が信用情報として残る場合もあるので勤務先は正直に答えましょう。

 

・ 自分の勤務先に対して消費者金融を利用しているとわざわざ言うのに抵抗がある人も少なくないでしょう。そのような煩わしさと、面倒さを解消する手段として、最近の消費者金融は職場への在籍確認を省略する申込方法を準備しています。

 

例えば、大手消費者金融のプロミスでは「web完結」という方法で対応してくれます。

・ この申込方法は、派遣会社の健康保険証と、直近月の給与明細を提示することで職場にいることを確認してもらう方法です。在籍確認の目的は、勤めていることの確認なので、それだけで十分なのです。

 

・ また、大手消費者金融のアコムでも、このような申込方法を明示してはいないものの、申込確認の電話があった際に依頼すれば、プロミス同様に保険証と給与明細の提示などで職場への在籍確認の電話を省略してくれます。

 

・ 職場への電話確認は、消費者金融に申込む際の心理的なプレッシャーになることが多いのですが、このような申込方法が準備されていれば安心です。

 

・ ただし、すべての申込者に対して職場への在籍確認の電話が省略されるわけではありません。入社してすぐの人や転職回数が多い人はこの方法が使えないこともあるので注意が必要です。

 

・ どうすればよいのかよくわからない場合は、消費者金融の担当の方に相談するのが最も良い方法でしょう。在籍確認の電話を回避したいことを希望し、その理由として職場の事情などを説明すれば、あとは他の審査内容次第で電話回避を選んでもらえることもあります。